Posted on

改装時に準備するお布施とその金額

改葬には新たな墓地購入費や遺骨の移動費などがかかりますが、忘れてはいけないのがお布施です。

宗教によって呼び名は異なりますが、遺骨を移動させる際には「閉眼供養」、遺骨を新たなお墓に入れるときには「開眼供養」を僧侶にしてもらう必要があります。

これは、滞りなく静かに魂を抜き取り、新たな場所に宿すという意味があります。

たとえ、無宗教であったとしても、改葬を行う場合には必ず閉眼供養と開眼供養を行いましょう。

墓地開眼供養の準備にはどんなことがあるでしょうか?

まず、閉眼供養と開眼供養は無料でしてもらうというわけにはいきません。

供養をしてもらうのに僧侶にお金を払う義務というのはないのですが、昔からの慣わしで供養をしてもらったお礼としていくらか包むというのがあります。

これは日本においては常識だとされています。

そのため、供養をお願いしたら、必ず事前にお布施を用意しておき、供養終了時に僧侶に渡しましょう。

お布施は閉眼供養と開眼供養両方に必要です。

ではお布施の相場とはいったいいくらぐらいでしょうか?

お布施の相場というのは決まっているものではありません。

お布施はあくまで供養をしてくれた僧侶に対してのお礼として渡すものなので、いくらでも良いのです。

ただ、一般的な目安としては3万円程度です。

供養1回につき3万円を包んでおけばまず問題はないでしょう。

また、墓地に来てもらうまでの御車代として別途1万円を包むとより好印象です。

お布施に関しては、宗教や地域性によって異なります。

親族等で相談できる人がいれば、相談してみましょう。