Posted on

次男の分家のお墓は本家のお墓と一緒に改葬できる?

たとえば、改葬をするお墓が田舎のお墓だけというのであれば、とくに問題はありませんが、

中には本家にいた次男が分家を作り、分家としてお墓を建てている場合もあります。

そのお墓の面倒を見る人も誰もいないとなると、本家のお墓だけを自分の近くに持ってくるというのも少々気が引けますよね。

本来、本家と分家は別々なので、あなたが分家のお墓の面倒まで見る義務はないのですが、

次男が作った分家のお墓の面倒を見る人がいないとなると、それは考えなければいけません。

永代供養をするという方法もありますが、もし自分で面倒を見ていこうと思うのであれば、本家のお墓とともに移動させ、

改葬先で一つにまとめることが可能です。

お墓を一つにまとめるには、改葬の手順に従って、本家のお墓も分家のお墓も改葬手続きを行います。

改葬手続きは、本家だから、分家だからというのはなく、どちらの場合もすることは同じです。

改葬手続きが済んだら、本家・分家のお墓の両方で供養を行い、遺骨を改葬先の墓地へと移動させます。

移動させたら、改葬先でまた供養をし、納骨していきます。

いくつかあるお墓を一つにまとめることについては、抵抗を感じる親族もいるため、一つにまとめる際には親族の許可を取るようにしましょう。

また、次男が分家を作っていてお墓を持っているのであれば、後々トラブルにならないように、あらかじめどうするかを話し合っておくようにしてください。

話し合いをしておくことで、自分自身はもちろん、子どもや孫の代でのトラブルも防ぐことができます。