Posted on

今ある墓地から新たな墓地への改葬手順

改葬の手続きについてポイントを押えることができれば、次に確認すべきは改葬の手順です。

改葬をすることが決まると、まずやっておきたいのが改葬先の寺院・霊園の選定です。

特定の宗教に基づいて改葬を行うのであれば、その宗教の寺院・霊園を探さなければいけませんし、無宗教なのであれば無宗教でも可能な寺院・霊園を探さなければいけません。

最近では、公園のような明るく広々とした霊園が人気ですが、霊園にもいろいろ種類があり、特定宗教のみ受入可というところも少なくありません。

あらかじめ確認しておくようにしましょう。

また、墓石も新しくするのであれば、墓石店の選定から墓石購入などもしなければいけません。

改葬は、先祖に入ってもらう改葬先の準備が何よりも大切です。

改葬先では「受入許可証」をもらっておきましょう。

改葬先の準備ができたら、今ある墓地の管理者に改装する旨を伝え、市区町村役場でもらった「改葬許可申請書」に記入・署名・捺印をしてもらいます。

その墓地に埋葬していることを証明するためです。

改葬許可申請書の記入がすべて完了すると、再度市区町村役場に向かい提出します。

無事受理されると、「改葬許可証」を受け取ることができるので、それを持って改葬先に行き、改葬準備を始めます。

手順としては以上です。

今までお世話になっていた墓地を管理する寺院や霊園には、離檀料を払わなければいけない場合もあるため、あらかじめ準備しておきましょう。