知っておかなければいけないお墓移転時の供養のこと

最近多くなってきたお墓の移転。

とくに、生まれが地方で進学や就職を機に都会に出てきてそのまま結婚した人がよくお墓の移転をしています。

実家に誰かいれば問題ありませんが、お墓の世話をする人もなく、毎年遠い田舎までお墓の世話に帰るのは大変ですよね。

自分は良くても、子どもや孫の世代までも遠くの田舎までお墓の世話をしに行ってくれるとは限りません。

それなら、早めにお墓の移転をしておくのも賢い方法ですよね。

近くにお墓があれば頻繁に行くことができるし、何より安心です。

お墓まごころ価格.comに相談するとわかるのですが、お墓の移転をするには霊園や役所で手続きをするだけで良いのではありません。

きちんと供養が必要なのはご存知ですか?

供養をすることで、遺骨を元ある場所から無事に新たな場所へと移すことができるのです。

お墓から遺骨を取り出す際に必要な供養は、

「閉眼供養」、「遷座法要」、「抜魂供養」、「遷仏法要」などです。

これらの供養は、お墓に宿っていた魂を沈めて静かに取り出すために行います。

そして、遺骨を新たなお墓に埋葬する際に必要な供養は、

「納骨法要」、「建碑法要」、「開眼供養」などです。

これらの供養は、お墓に魂を入れるために行います。

供養の内容や意味、呼び方は、各宗教によって異なります。

また、供養は、必ず寺院の住職や僧侶に行ってもらいましょう。

間違っても、供養をすることなしに、勝手に遺骨を持ち出し新たなところに埋葬してはいけません。

供養に関しては、わからないことも多いと思うので、お世話になっている寺院や霊園に早めに確認しておくことをお勧めします。